お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

花

お役立ち情報

教養ハンドブックで人間形成
教養ある人間として生きるためには成長過程において知識や知恵を養うための教養ハンドブックをもつことです。子どもと大人の違いは教養があるかないかで判断することができます。子どもらしさは人間らしさでもあります。義務教育でいろいろな教科で大人になるための知識と知恵、さらに礼儀作法も身に着けます。成長する段階で大人としての教養を少しずつ理解し、人格形成ができてきます。時代により子どもらしさが変化しています。学校で学ぶ内容もかわりました。しかし、教養は歴史の中で文化として人々に伝えられています。昭和から平成になり少しずつ時代を背景に学問もかわりました。パソコン、スマートフォンなど便利な文化があらわれ、それらを反映したスピード化した時代になりました。しかし、人付き合いや社交の場での洗練された会話や身のこなしができる能力はいつの時代もかわりません。教養ある人になるように努力することが一番大切なことです。向上心、志をもつ人間になることです。

教養ハンドブックで人間形成